ちいさく生まれた赤ちゃんを応援する肌着やさん

低出生体重児肌着/点滴用肌着/NICU専門肌着のオンラインショップ

HappyFroggy.com




感染症対策で赤ちゃんの面会ができなくて、つらい思いをされているお母さんへ


新型コロナウィルス感染症による緊急事態宣言が全国で発令されているにあたり、
NICUに赤ちゃんがご入院されているご両親が赤ちゃんに面会することができないというお話を聞きました。
これはとてもつらいことだと思います。ただでさえ心配でたまらないのに、赤ちゃんに会えないのであれば不安も倍増してしまい、お母さんも体調を崩しやすくなってしまうかもしれません。。。
少しでも不安な気持ちが払しょくされることを願い、この文章を書いています。

今はつらい時ですが、お医者さんや看護師さんにお任せをして、赤ちゃんのご成長を信じ、お母さんが体調を崩されないように、栄養を摂ってしっかり休んでください。

 

赤ちゃんに会えなくても、お母さんができることがたくさんあります。


母乳を届けにNICU施設へ行かれると思うのですが、その際に、もし可能であれば、
赤ちゃんの身体を拭いたガーゼでもなんでも良いので、赤ちゃんの匂いがついたものを看護師さんにいただけないか尋ねてみてください。
その赤ちゃんの匂いを確かめながら搾乳をすると母乳が出るようになることがあります(私自身の経験談)

 

母乳が出るようになるには、色の濃い根菜類が良いと大正生まれの祖母から教わりました。

祖母は4人の子どもを母乳で育て、たくさん出るので頼まれてあげ乳もしていたというのが自慢でした。
色の濃い野菜は身体を温めるそうです。今の時期だとカボチャが旬ですね。


次にお味噌汁。
お味噌汁は<粉>ではなく、
昔ながらの方法で煮干しや昆布、鰹節、干しシイタケ等から出汁を毎日摂ったものが良いです。
昆布に含まれるうまみ成分のグルタミン酸と母乳のグルタミン酸の濃度はほぼ同等であるそうです。

ということは、昆布×鰹節、昆布×煮干し、昆布×干しシイタケの組み合わせの出汁は、赤ちゃんにとっても馴染みのある味で、

きっとおいしい母乳が出ると思うのです。

ちなみに、離乳食の時は昆布出汁をうんと薄めた煮汁で野菜をコトコト煮込んでみてください。
うちの子どもは、おいしいおいしいとパクパク食べて、好き嫌いは全くなく成長しました。

水で煮込んだ野菜と、昆布出汁で煮込んだ野菜を食べ比べれば、お味が全く違います。

 

ちなみにちなみに、成長期のお子様は煮干しのお味噌汁がカルシウムが摂れてオススメです。
中学、高校生になったら、昆布×煮干し×あご(トビウオ)の出汁でお味噌汁を作ると集中力が凄まじくでます。

 

あと、塩も大事です。

減塩、減塩と言われますが、減塩しなくてはいけない塩は「精製塩」のことです。

ミネラルの入っていない精製塩を摂ると血圧が上がるのですが、昔ながらの製法で作られた自然塩、天日塩なら大丈夫。
厚生労働省で決められた1日の塩の量は18歳以上女性で6.5gです。

実際に6.5gを量ってみると意外に多く感じるかもしれません。

6.5gは摂れていますか?もっと少ない?もっと多い?
減塩しなくてはいけないという危機感のあまり、醤油とお味噌汁からだけで塩分を摂ろうと思う女性も多いと思います。

 

まさに私がそうでした!!
妊娠中は塩分を控えめにしすぎていました。これでは母乳が出るはずもない。

塩が少ないと身体の末端が冷えてしまう。甘い物を食べすぎてしまう。毒だしができなくなる。

減塩していた頃はアトピーで皮膚もボロボロ。

良いことなんて全くありません。

精製塩で6.5ℊ/1日

自然塩だったらもっと摂っても大丈夫だと私は思います。

自然塩は裏面を見てミネラルが豊富なものを選んでください。選ぶのが難しい場合は自然食品店で自然塩は手に入ります。

塩はとても大事です。

赤ちゃんに面会できるようになって、カンガルーケアもさせていただけるようになったら、おっぱいが出る出ないに関わらず、
おっぱいをくわえさせてあげてください。なんと乳輪から赤ちゃんに必要なビフィズス菌などの良い菌が出るのだそうです。
ママから赤ちゃんに良い菌を渡してあげることができるのです。なんという神秘でしょう。天からの贈り物です。

 

他にもお母さんがしてあげたいと思うことをノートに書いてみて、赤ちゃんに会えるようになったらたくさんしてあげるとよろしいと思います。

皆様のことを応援しています!!

体調を崩さないように、どうぞご自愛ください。

 


ご注文をいただく時に一緒に質問をしていただければ、私で分かることであればなんでもおこたえをいたします。
どうぞお気軽にご連絡ください。

 

HappyFroggy

 


 

  <ご挨拶>

 

はじめまして!

数あるお店の中からHappyFroggyへお越しいただき、ありがとうございます!

弊店は日本では珍しいちいさな赤ちゃんの為の肌着サイズやドレスの専門店です。

 

お店をはじめて16年の月日が経ちました。

 

私自身もNICU卒業生家族です。

25w6dとちいさく子どもが生まれたのですが、医療者の皆様のご尽力のおかげで母子共に助けていただき、

子どもも健康に成人いたしました。
当時なかったちいさな肌着を、心を込めて作らせていただいております。

 

肌着は赤ちゃんとママをつなぐ「希望」です。
可愛い肌着を通して、ご家族、赤ちゃんのこころもほっこり、にっこり温められたら良いなと思います。

 

市販の肌着では少し大きいなという場合、ぜひお気軽にご利用いただけたら嬉しいです。

 


ちいさく生まれた赤ちゃんへ

胸元がぶかぶかしない、身体に合うサイズの柔らかくて着心地の良い肌着をお届けします

 

袖丈を短くしてほしい、着丈をもっと長くしてほしいというリクエスト(無料)なども承りますので、

どうぞお気軽にお問合せください

 



ぴったりのサイズがあったんだ!という喜びをぜひ!


ご注文はこちらからお願いいたします♪


HappyFroggy&HowCute

 

ちいさな肌着から素敵な輸入こども服まで

 

点滴用肌着ミニミニ&5サイズ

低出生体重児肌着

アメリカこども輸入服

1000g~10歳くらいまで幅広くご用意しております

 

 

 


ダブルガーゼ 新しい柄が入荷しました♪

お気に入りの柄で肌着をお作りいたします。

サイズは低出生体重児肌着、新生児サイズ肌着、ロングタイプ

お気軽にご連絡ください。






<HowCute®点滴用肌着=赤ちゃんみんなにやさしい肌着です>

 

NICUでもご採用いただいているHowCute®の点滴用肌着は、

点滴や医療器具がついていても、赤ちゃんを大きく動かすことなく、お着替えができるので、生まれたばかりのまだくびのすわっていない赤ちゃんにぴったりの肌着です。

※ユニバーサルデザインなので、寝たまま安静に着られる肌着として、病院ではもちろんご自宅でも活躍します。病衣らしくない

シンプルで可愛いデザイン。胸元にアイロンワッペンなどを貼って、さらに可愛い肌着に仕上げてください。

 

※生後2か月の赤ちゃん 点滴用肌着大着用 

 


9ヵ月のNICU卒業生の双子ちゃんに、

HowCuteの点滴用肌着Lを着ていただきました。

点滴用肌着大、Lは大き目にできているので、

ご退院後もガウンとしてお使いいただけます。

点滴用肌着Lは病院用 (5サイズ)ミニミニ、SS、S、M、L

イエロー、若草色、ピンク

点滴用肌着大はママ用(2サイズ)小、大

イエロー、ピンクがございます。

HappyFroggy&HowCuteではママ用をご購入いただけます。

病院用が欲しい方はどうぞご連絡くださいませ。

※点滴用肌着大と点滴用肌着Lは同サイズです

※ママ用も病院でお使いいただけます

※プラスティックボタンなのでMRIでもお使いいただけます



<リクエスト承ります>

ご希望のサイズで肌着作製を承ります。

在庫がない場合でもお気軽にお問合せくださいませ。

また、お世話になったNICU施設様に肌着の寄付をしたいというご要望などがありましたら、どうぞお問合せください。

心を込めて皆さまのお手伝いをさせていただきます。

 

もっと詳しく


 

<新聞掲載のご報告>

 

2018年3月14日付け産経新聞栃木版で、弊店の活動をご紹介くださいました!
SankeiBizのネット記事でもご覧いただけます。
ぜひ、ご覧ください。
「低出生体重児の専用肌着考案 ハッピーフロッギードットコム 栃木」

 

 

メディア掲載一覧」

 


<HappyFroggyをご利用いただいたお客様へのサービス無料相談電話>

 

「もしもしダイヤル」がございますので、よろしければご利用ください。

病気以外のご相談で、NICUを卒業する時に準備した方が良いものや育児で困ってしまった時など、何でもお尋ねください。

私で分かるものであれば全力でお答えいたします。

皆様が心配なことは、私も経験して乗り越えて参りました。その方法をお伝えいたします。
きっと、肩の力がおりて(´▽`) ホッとすると思います。

 


haPPYFroggy Friends

HappyFroggyでご購入いただいたお洋服を着てパチリ☆

素敵なお写真ありがとうございます!

 HappyFroggyFriendsのかわいいお写真募集中です♪

「写真掲載希望」とメールで一言添えていただけると嬉しいです